忘れてはならない日

  • 2010.03.11 Thursday
  • 15:20
広島の原爆で尊い命を亡くした人の数は、諸説あるが、約14万人という数字を見た記憶がある。

そして東京大空襲での被害者は、10万人以上と言われている。
一日にして、東京の三分の一が焼失した。そのすさまじさ、悲惨さたるや想像を絶する。
その忘れられない日が、昨日、3月10日だった。
アメリカは、この大空襲も原爆も、戦争を早期終結させるためだったと言っているが、その理由にしても、子供や老人、女性も含めた民間人を大量殺戮することが許されるはずはない。

ある雑誌の特集記事で、改めて東京大空襲の悲惨を目にし、ふと思いをはせた。
コメント
確かにアメリカの東京大空襲、原爆、沖縄戦に関しては軍事施設以外の民間人への攻撃は国際法に抵触して許し難い行為ですが、元は日本の侵略行為に端を発したものでもありアジア各国に対して行った蛮行も許されないものと思います。

亡き父も[地主になれる]と日本政府に騙されて満州に義勇軍として行かされ苦難を強いられ、後の補償もないまま一生を終えました。

やられた行為だけでなくこの国が自国民を騙してしてきた行為や近隣諸国への蛮行と併せて反省すべきと思います。

臭いモノに蓋するような日本と言う国を愛せません。

この国の歴史は自国民への弾劾の積み重ねだと感じます。
  • miyupapa
  • 2010/03/12 12:05 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM