琴奨菊

  • 2016.01.23 Saturday
  • 22:57
もし明日決まれば、「10年ぶり」と聞いてまさかそこまでとは思っていなくて驚いた。

日本人力士の優勝である。
(正しくは日本出身力士の・・・と言うらしい。帰化している人もいるから)

昨日負けて白鵬と1敗で並んでしまった琴奨菊。
これで夢はついえた(白鵬の断然有利)と思った人が多かったはず。
ところが、琴奨菊は今日勝ち(ここは順当)、
なんと白鵬が今場所調子の悪い稀勢の里にまさかの敗北。それも意味不明なあっけない負け方で。
再び単独トップに立った琴奨菊は、明日千秋楽、自分が勝ちさえすれば優勝。
白鵬が勝とうが負けようが関係なく、自分が勝てば優勝というのは、断然有利で、
しかも相手が今場所ケガで絶不調の豪栄道なら、ほぼ勝てる、はず。

明日は、千秋楽だからいつもより約30分早い、取り組みは17時20分ごろ、かな?
10年ぶりの歓喜の瞬間を絶対に生で見たい。

ダイエットスタート

  • 2015.06.28 Sunday
  • 18:52
なんだか最近じわりじわりと太ってきている。
5、6年前だったか、一時的に最高で79kgまでいったことがあったが、
その後、いろいろあって、1、2年前くらいからは72、3kgでだいたい安定していた。
ところが、先月あった健康診断で体重計にのってみると76kg。
そこからも気にせず飲んで喰って生活してきて今朝計ったら77kg。

これはちとやばい。
そこで一大決心。目標は、思いきって7キロ減で60キロ台に!

家で飲むコーヒーに砂糖を入れない、
昼間仕事中に市販のカフェオレなど甘いやつを飲まない。
昼の弁当の白米量を二割減に、
夜の食事の油ものをひかえる。
そして、ビールと日本酒ひかえて、焼酎かハイボールあたりで代替する。
それから、腹筋運動やウォーキングなどをちょこっと・・・

これで一か月後にはどうなっているか、楽しみ。
一応、ライザップCMのように、使用前的なポッコリお腹の写真を自撮りしてからスタート。
とても気持ち悪くて人様にお見せできるような写真ではないのでアップはしませんが、、、

阪急電車

  • 2015.04.26 Sunday
  • 23:32
今日、GYAO!の無料動画で、
『阪急電車 片道15分の奇跡』を観た。

いい映画だなー。途中何度か、不覚にも涙が・・・

人生の機微、出会いの不思議さと嬉しさとわくわく感
そして、平凡な人生の中での、何かが変わる瞬間
正義感と、やさしさと、強さ・・・

そんなことを感じさせてくれた映画。

有川浩の原作も読んでいたけど、多少違うところもあったかな
でもそんなことは気にならずに観ることができた。

一つだけ、非常識に電車内でうるさくしているおばさんたちへの
いいセリフ「券売機でモラルは売ってないからなー」というのが
映画では出てこなかったのがちょっと残念。

でも、ほんと久々にいい映画を観た。よかった。

目黒区議会議員選挙

  • 2015.04.25 Saturday
  • 09:11
36人枠に49名が立候補。
どっかの区のように、全裸ポスターのような明らかな“変わった候補者”(泡沫??)がいるわけでなく混戦模様。特に下位で当選する5人、10人は、だれが食い込んでくるのか、だれが惜敗の涙を流すのか、全く予想がつかない。

地方議員といえば、号泣議員を筆頭に、品のないヤジを飛ばしたり、役所の職員に土下座させたりと、とんでもない議員のニュースがこの一年でボロボロ出てきた。
目黒区も例外ではない。選挙ポスターには善良そうな顔で写っていても、その裏の本性は・・・とんでもない議員がけっこういる。
落としたい(当選させてはいけない)候補者に、「マイナス1票」を投じることができたらどんなにいいかと、本当に思う。
しかし、それはかなわぬ思い。
ならば、「まともな」議員を一人でも増やしていくために、貴重な1票を投じるしかない。

明日、投票日。

かっこ悪い愚痴、、、かな

  • 2015.02.26 Thursday
  • 22:25
落選してから4年、、、、、
長かったなーーーーー

議員をさせていただいていた4年間と比べると、
そうだなー
かたやあっという間、かたやまだか、よまだかよ、という感じ。
それでも時は経ち、二か月後には四年に一度の選挙がやっとやってくる。
さあ、ようやっと勝負の時がやってきた、、、、、

なんてね、

閉店しない閉店セールみたいな感じだった地元のベテラン議員もようやく引退表明をし
後任候補が、町会の新年会にも来ていて、頑張ってる様子。

さて、地方議員、このあたりの言い方では区議会議員。
新年会に出て、お酌して回るのが必須条件なのかい?

僕はそうでないと思っているし
いやー、これでことしの新年会出席〇十回目、なんて自慢?してる議員も多いが、
そんなヒマがあったら、ためになる政策を考えるよ、と言いたい。
新年会の出席率が、投票行動には関係しないと思っているのだが、

その新年会で、となりで飲んでいた先輩に、
まったく選挙が近いと議員や議員候補が町会の新年会にまで押し寄せて、
くだらない挨拶に売名行為、迷惑この上ないですよね、と言ったら、

いや、こういうの大事なんだよ、君はそういうところが欠けてたんだよ、
と言われちまった(>_<)

えーーーーー、そうなの?
みんなそういうの好きなんだー、へー、びっくり。

そういえば、一町会の新年会なのに、区長も来てたよ。
たしか目黒区に八十町会くらいあったんじゃないか?それ全部顔出すの??
それが、選挙に強い青木区長の真骨頂かーーーーー

わが町会の新年会に区長が来てくれたーと喜ぶ人がいて、、、
じゃあそれも正解なのか、、、あくまでも選挙的には・・・

くだらねえ、ほんとにくだらねえ、

暴言を吐かせていただけば、
選挙民がそんなだから、議員もそんなもん、首長もそんなもん

でも、議員は受からなければなれない、
受かった者の論理が正しく、
落ちたものの論理は、ただの負け惜しみ。

そのとおり、
負け犬の遠吠えはむなしくひびくのみ。

あーーーーでも書いちゃった、かっこ悪いけど。

日焼け

  • 2014.07.19 Saturday
  • 16:55
最近は、はっきりした梅雨明け宣言などはなく、なし崩し的に、こりゃもう梅雨明けたな、
という感じで梅雨が明けるような気がするが、まさに一昨日あたりそんな気がした。

で、いよいよ夏本番はこれからなわけだが、すでにいい色に日焼けをしている。
ハワイに行ったわけでもなく、ゴルフでも釣りでもなく、
今の仕事柄、屋外にいる時間が長いから、というつまらない理由だ。

しかし、何を隠そう若いころ、あまりに青っ白い顔をした自分がイヤで
日焼けサロンに行ったことが一度あるくらいだから、
日焼け自体は歓迎なのだが、いかんせんいわゆるドカタ焼けで、
首の途中から下、二の腕の途中から上は真っ白(>_<)
足も白いから短パンも似合わない。まー、しょうがないんだが・・・。

ところでそういえば
知人のAさんは、趣味がヨットと水泳、あとは神輿ときてるので、
足も真っ黒で短パンが似合う。足袋も似合う。ちとうらやましい。

Aさん、来年も下町のソフトバレーボール、よろしくお願いしますm(__)m

久々の投稿

  • 2014.07.19 Saturday
  • 16:11
なんだか思いっきりの愚痴が書いてあるのが一年前。
書き込みが一年に一度では、だれも読んでくれないでしょうが、
なぜか書きたくなる時もあるもので。

フェイスブックでしょっちゅう書き込みをしている人、尊敬してしまう。
僕は、フェイスブックに書き込む勇気はどうしても湧いてこない。
書いたものが、あの人やあの人やあの人も読むかもしれない、と思うと
書きたいことも書けない小心者。

僕の感じ方では、フェイスブックには少し、書き込みの押し売り的なイメージがある。
実際、自分にも読みたくない人の書き込みも入ってくるし、、、
(かと言って、その人とのフェイスブック上での友達関係を寸断するほどではないのでしない)
ブロックとか、なんかいろんな方法もあるのでしょうが、よくわからないので・・・。

で、ブログなら、見たい人が見に来るだけで、押し売り要素はないだろうから、
勝手気ままに書ける、という長々の言い訳?でした。

永遠の0(ゼロ)

  • 2013.01.25 Friday
  • 15:09
もう大ベストセラーで、映画化も決まったというくらいだから、知ってる人にしてみれば「なにを今さら」なのかもしれないが、

文庫本で『永遠の0(ゼロ)』(百田尚樹著)を読んで、感動し、心が洗われたような、背筋が伸びるような、本当にすばらしい読後感を得た。

ぜひ多くの人に読んでほしくて、書いている。(影響力ほとんどないけど(笑))

高校生の娘にも、強制的にでも読ませたいと思ったし、いま何かおかしな方向に行っているような気がしてならない日本の、若者、大人、、、とにかく多くの人に読んでほしい。

同じ著者の『影法師』を何気なく読んでみて、こちらも感動。それでもう一冊読んでみようかと、軽い気持ちで内容も何も知らずに読み出したのが「永遠の0」。ほんとにいい本だった。ぜひ!

久々に

  • 2012.12.15 Saturday
  • 16:38
久々過ぎて書き方忘れてる・・・これで投稿できるか?

民主党代表選挙

  • 2011.08.29 Monday
  • 19:47
僕が、全政治家の中でもっとも尊敬し、信頼し、いつかはこの人に総理大臣になってほしいと思っていた人物が、野田佳彦さん。だから率直に嬉しい。

できれば、こんな火中の栗を拾うようなときに登場してほしくはなかったけれど、それも天の配剤、神さまの采配、なのだろうとおもう。

民主党がどうなろうとかまわないが、日本がどうかなっては困る。

野田さんの愚直で真摯な政治姿勢と、顔もデカいがそれ以上にデカくて深い懐、そして高い志に期待と応援をせずにはいられない。

そして、今日はひそかに祝杯をあげずにはいられない。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM